スカーレット

2019秋ドラマ スカーレット

スカーレット1話あらすじ感想に視聴率!信楽にやってきた喜美子

更新日:

2019年後期の戸田恵梨香主演の「スカーレット」が第1話を迎えました。

今回は、第1週「はじめまして信楽」1話のあらすじと感想をお届けします。

スカーレット1話あらすじネタバレ

滋賀・信楽の女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)。土と炎に向き合う女の物語。昭和22年9歳の喜美子(川島夕空)は父の常治(北村一輝)母のマツ(富田靖子)二人の妹と共に大阪からやってきた。初めて見る琵琶湖の大きさに圧倒され、信楽のタヌキの焼き物に喜美子は興奮。新生活への期待を膨らませる。しかし引っ越し早々、近所の男子にからかわれ、喜美子は怒って相手の所に乗り込み大ケンカ。常治も巻き込んだ騒動が起こる

以下、ネタバレになります。

昭和22年、戦争が終わって1年と8ヶ月の春。

琵琶湖の前にある川原家に住む9歳の川原喜美子は将来、女性陶芸家として活躍することになります。

空襲で何もかも焼かれた川崎家は、戦後手を出した商売も失敗に終わってしまいます。

長年住み慣れた大阪を後にし、父親・常治の戦友・大野忠信を頼って滋賀県の信楽で生活をするように。

喜美子が赤ん坊の百合子を背負って歩いていると、地元の子供たちが現れ、百合子がおもらしをしたのに気づくと「くそったれ。くそったれ。」とはやし立てます。

急いで百合子を家に返した喜美子は、ホウキを持って小学生の後を追い、

「なにがくそったれじゃー!」

と、反撃をするのでした。

おでこに親指ほどの小さい傷をつけて帰ってきた喜美子が最初に出会った子供は忠信の息子・信作でした。

信作から話を聞いた忠信は喜美子の喧嘩の経緯を常治に伝えると、喜美子の傷を見るなり大激怒!

常治は怒り、喧嘩した相手の家に乗り込みます。

「よくもうちの可愛い娘にでっかい傷つけてくれはりましたな!」

しかし、家の奥からでてきた子供は全身傷だらけ。

喜美子は自分が付けられた傷よりも酷い傷をつけていたのです。

家の母親は「おたくの娘さんのやし。」と折れたホウキを渡した。

家に帰った常治は喜美子を叱る。

「あほんだら!やりすぎや。卑怯やろ。何をされてもじっと黙っとれ!」

川原家には借金がありました。

・マツが住まわせてもらってる忠信の嫁・陽子に家賃を渡すと、陽子に「お金入ってからでいいのに。」と言います。

常治が戦時中負傷した忠信を背負ったまま数十キロ歩いて助けてくれた命の恩人という事もあり、陽子たちがここまで良くしてくれる理由でもありました。

しかし、常治は照れくさそうに目をそらします。

マツは「借金の話は、またここからやり直したらええねん。」と言った。

翌日、お金を酒に変えた常治はマツの着物を大阪に売りに行きました。引越し後、初めて登校する喜美子。

登校途中、タヌキの置物に気づき観察している喜美子の近くにいた信作は「よそもんはタヌキに化かされるで。」と忠告する。

「化かせるもんなら化かしてみ。とって食うたる!」

喜美子の言葉に、信作は走り去っていきました。

喜美子がふと横に目をやると本物のタヌキが!

タヌキの後を追って茂みの中に入っていくのですが、途中でタヌキを見失います。

そして、その先に1人の男の姿がありました。

喜美子は思わず

「誰や!」

と言いました。

スカーレット1話視聴率

1話の視聴率は20.2%とということで、前作の「なつぞら」には及ばなかったものの、上々の滑り出しとなったようです!

これからも20%代を維持してくれるのかな?と期待しています。

 

スカーレット1話感想

主人公の喜美子の父役の北村一輝さんのお父っつあんぷりが話題となりましたね!

まだ主演の戸田恵梨香さんは出演されませんが、子役たちの勢いも感じるスタートでした。

スカーレット1話まとめ

ついに2019年後期の朝ドラがスタートしました。

まだ、信楽に来たばかりで年齢も9歳ということもあり子役たちの出番が続きますが、
喜美子役もスイちゃんだったり、照子役が義母むすでブレイクした横溝菜穂ちゃんだったりと

喜美子の幼少期も話題性たっぷりとなっています。

これからの喜美子の成長が楽しみな朝ドラになりそうですね!

Sponsored Link







-2019秋ドラマ, スカーレット

Copyright© doramoms , 2019 All Rights Reserved.